読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パニック障害の芸能人【最新版】

パニック障害の芸能人を一覧化します。

パニック障害と堂本剛【最新版】

堂本剛パニック障害

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161211224900j:plain

(目次)

堂本剛さんはパニック障害を経験したと自ら公(おおやけ)に告白しました。パニック障害の当時の自分を振り返ると、「いつも死にたい」と思っていた、「音楽だけが僕を救ってくれた」・・・・・・などと言っていたそうですね。自殺も考えていたそうです。芸能人の中において、パニック障害を経験したと公にする人は少なくありませんし、そのような情報があることないことネット上に書かれ騒がれています。中にはパニック障害とは言えない人もいることに入ると思います。ただし、私は堂本剛さんはパニック障害を経験した本物の芸能人の一人であると思います。

本当にパニック障害を経験した芸能人の特徴

・朴訥(ぼくとつ)でボソボソ喋る感じの人
・口が達者ではない(口下手)
・恥ずかしがり屋


こんな感じです。
当たり前といえば当たり前なのですが、柳沢慎吾パニック障害になった・・・・・・などといっても誰も信じませんし、まずありえません。堂本剛さんは上記した特徴にすべて当てはまると思います。昔、彼がやっていたTV番組、「堂本剛の正直シンドイ」という番組もある意味、企画的な意味でも、彼の内向的な性質に的を当てて制作されたものだったのかなと思いました。

他にパニック発作を経験した芸能人には中川家のお兄さん中川剛さんもいました。この人については別の記事で紹介したいと思いますが、彼もガチだと思います。

堂本剛パニック障害を語る

堂本剛さんのパニック障害の経験をラジオで語った音声はこちらです↓

パニック障害について

パニック障害の症状の一つであるパニック発作は自分の意志でコントロールできず、私も経験がありますが、このままでは自分は心臓が止まって窒息死してしまうのではないかという強烈なものです。
繰り返しますが、自分の意思でコントロールできるものではありませんでした。パニック発作は予期せぬ時に突然襲ってきます。人であふれかえる電車の中や、個室に一人きりのような密閉された空間でそれは起こりやすいです。私はメキシコの地下鉄に乗っていた時(満員電車)に窒息しそうな恐怖にかられ、友人と映画を観に行くさ中だったのですが、途中で下車しタクシーで自宅へ帰ったことがあります。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161211224945j:plain

追記

Kinkikidsの堂本剛さんもこのようなパニック障害の経験をされているようです。
今回はパニック障害の芸能人として堂本剛さんを紹介させていただきましたが、この記事は加筆していくつもりで、詳しい詳細は後日記載していこうと思います。
(最終更新2016/12/11)
f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161003153635p:plain

パニック障害の芸能人【一覧】

パニック障害の芸能人(一覧)

パニック障害の芸能人(一覧)

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161003153635p:plain

(目次)

 

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161003153231j:plain

 パニック障害は芸能人にも少なくない心の病気です。なぜパニック障害が芸能人に多いのかというと、ネットメディアの拡大に伴い、自分に対する誹謗中傷を直接目視できるようになったことに起因するでしょう。パニック障害とは理不尽で理解不能な不安が延々と続きパニック発作を起こす精神障害の一種です。通常の不安形態とは異なり、パニック障害は重篤な疾患を模倣し、自らの意思、信念に反して、罹患患者が努力によってそれを制御することは極めて困難で、主に物理的な症状(パニック発作)として発現します。ほとんどの人は「パニック障害」とは、単純にある特定の状況に過剰反応した人のことであると思うでしょう。ところが実際には、それを制御することはほぼ不可能であり、パニック障害の当事者は次第に感情的および物理的ストレスによって衰弱していくのです。主な原因は脳内のアドレナリンという化学物質の過剰放出にあります。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20170505161044j:plain

 
パニック障害には芸能人もかかる

 

パニック障害は世界で最も有名な人々の間においても頻繁に起こっており、深刻なパニック発作を持つ、パニック障害の芸能人は少なくありません。(有名人も交えて話します。)以下のいくつかの芸能人は実際にパニック障害に苦しんできたことを告白しています。

あなたのパニック障害はどの程度、重症なでしょうか?

私はここであなたのパニック発作がいかに深刻なものであるかを推測するため、無料で7分間程度で済む不安チェックテストを開発しました。

ここでテストを開始します(準備中)

下記にパニック障害の芸能人の一覧を載せます↓



芸能人にもパニック障害の問題を持っている人は少なくないです。私の知り合いの会社社長(海外若手起業家)は芸能界にもコネクションがあり、彼の話によると、「芸能人なんてみんな病んでいる。だから薬を飲んでいる人多いよ」とのことらしいです。
脚光を浴び続けることは同時に多大なストレスを生むのかもしれませんし、最近の芸能人ツイッター炎上を代表するような誹謗中傷が、芸能人の方々の心労を莫大に増大させていることは周知の事実だと思います。そして芸能人に関わらず誰しもがパニック発作に苦しむこともあります。あなたの周囲にも必ずパニック障害に苦しんでいる人はいるでしょう。(パニック障害の有病率は全人口の約5%とされています。)
過去の時代から現代にかけで、芸能人をはじめとする有名な人々がパニック障害に苦しんできました。有名俳優、歌手、作家、発明者、心理学者、芸術家、およびセレブ、芸能人たちは、その鋭い感性を多用して、世界を変えるために、無から有を創造するかのようにパニック障害を抱えながら悪戦苦闘してきたわけです。


パニック障害の芸能人】

 

過去と現在のこの種のトリックスター達は、自分の才能を最大限に活用するために、彼らの持つパニック障害に負けずに、人生を生き抜いてきたのです。ここでは世界的に有名なパニック障害を抱える(た)とされる芸能人(有名人)を紹介します。

  • ダイアナ妃

    f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161003161413j:plain


    ウィリアム王子の不倫劇からはじまり、彼女は第一子の出産後何年もの間、産後うつ病に苦しみ、ダイアナ妃はまた、パニック障害を経験していたことがメディアの取材により報告されました。
    彼女のボディーガードは後に彼女の最初の王室ツアー中、彼女が叫び声をあげ発狂し、行く先々の旅先で自己制御不能の状態に陥ったのを目の当たりにし、彼女が到着する前に少しでも彼女のパニック発作が収まれば・・・・・・と彼女へのケアを欠かさなかったと過日、語っています。彼女はそのように周囲に支えながらも、実際に精神不安定でありましたが、自分の家族へのケアも忘れない、彼女の慈悲心をそのボディーガードは強く評価しました:

家族は、世界で最も重要なものです。-ダイアナ妃

  • デヴィッド・ボウイ

    f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161003161521j:plain

    この華やかなロックスターが、これまでの人生でパニック障害に苦しんできたと信じるのは難しいです。しかし、それは本当の話です。そもそも彼はそうめったにメディアのインタビューに応じないことで有名です。その主な理由は、彼自身が抱えるパニック障害に起因していると彼は話しました。(本当の自分を公(おおやけ)にするのが怖いため)しかしながら、ステージ上においては、彼は全くの別人格に生まれ変わり、そしてそこで「強さとパワー」を歌として表現することが可能なのです。彼は彼自身の音楽と歌詞-詩作の作業が彼自身に文字通り、自信のようなものを与えていると(あるインタビューにおいて)明確に説明しています:

俺は俺自身が物事についてどのように感じているかを説明することになると俺はあまりにも歯切れが悪い想いをするよ。だから何年も前から、自分自身は人間失格だと思ってきた。けどよ、俺の音楽は俺のためにそれを許さない。でも、それは本当の俺ではねえんだ。-デビット・ボウイ

  • オプラ・ウィンフリー

  • f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161011143301j:plain

  • オプラ・ウィンフリーは常に第一線で活躍する米国のトークショーの第一人者です。しかしながら、彼女は過去の心的外傷経験(PTSD)により長年、パニック障害と闘争をしてきた芸能人の一人です。若い年齢から性的虐待を受け(ここではその詳細を省きますが・・・・・・)、実際、彼女の誕生は非常に厳しい過酷で困難なものでした。十代で妊娠。その赤ちゃんはほどなくして死亡。彼女は根源的なパニック障害に起因するとみられる不安と常に共にあり、その問題に対処するためにあることを学びました。それは自分自身がテレビ番組を制作することで、このことはのちに彼女にとって重要なライフスタイル(精神安定剤)になりました:

記憶があなたの心に傷をつけたのです-オプラ・ウィンフリー

  • ジョニー・デップ

  • f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161011143334j:plain

  • パニック障害の芸能人として最も有名なのがこの人です。社会不安が彼の人生のすべてといっていいほど、名俳優ジョニー・デップパニック障害と闘争してきました。ジョニーはとてもシャイで、演技中は自分自身を完全に【演じているその誰か】にすることができますし、彼自身も縁起中は彼の人格そのものの潜在的可能性すべてを探求し完全な別人格になることが可能であると語っています。しかしながら、彼の性格の問題(パニック障害)とジョニーが悪戦苦闘して制作された名作「シザーハンズ」の中で、彼のパニック障害的な特質そのものがそのときはじめて公(おおやけ)で描写されました。実際の彼はこんな感じのナイーブでやさしい性格の人間だったわけです。しかしながら、「パイリーツオブカリビアン」のキャプテン、ジャックス・パロウはパニック障害に罹っているように見えるのでしょうか?全く見えないですね。繰り返しますが、彼は演技中は別人格になることができるのです。あるときから、このジョニー・デップは、彼のパニック障害について自身からメディアを通して視聴者へ訴えかけています。「私は被害妄想癖があり極度の恥ずかしがり屋である」と公然と述べています。そして、同時にこうも語っています。「私は名声を好みません。」ジョニーは社会的名声を避けようと躍起になっている数少ない芸能人の一人です。そして、特筆すべきことは彼のライフワーク、すなわち、パニック障害や社会不安で苦しんでいる彼自身のような人々に対してアドバイスを慈善事業として行っていることであります。彼は海外芸能業界においても、慈善事業に熱心であることで有名です:

私のメッセージは、我々が違って見える異質な誰かを勝手にその良し悪しの批評を下す前に、まず第一に他人ではなく自分自身を疑問視する必要があるということ。こういう自己省察の作業を続けていくと、最終的には、「みんな違っててOKなんだ」と理解することになるだろうね。話し方も異なるし、立ち振る舞いも違う。みんな固有の色を持っているんだ-ジョニーデップ

  • ジョン・スタインベック

    f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161011144511j:plain

    アメリカの劇作家で小説家であるジョン・スタインベックは、「文学は社会不安を持つ人々のために普及した学問の一つである」と言い切っています。それは彼らが孤独な作業に没頭するすることが、他の社交性の高い目立ちたがりの人たちよりも遥かに得意で、時折予期せぬ名声や世間の注目を浴びてしまうこともありますが、パニック障害の芸能人に限らず、「この種のタイプ(文学者、詩人)の繊細な人たちは文壇に存在する方が居心地が良いこともある」ともまた彼は言っています。スタインベックパニック発作に対処するために当時ブレンナーという名心理学者の友人によって精神分析を受け、彼自身、どうにかこうにかパニック障害の発作に対応していたといいます。直接的なパニック障害で有名な芸能人(上記してきた)のように、彼自身の人生は闘争的でもあり、彼は雄弁に流れ行く生活の中にこそ存在の意義を見出したといいます。これは哲学者エリック・ホッファーに通づるところがありますね:

旅それ自体が人です。この世界には唯一無二のものは何も存在しません。そして、すべて恣意的に構築された完全な計画、制約、および強要は無益です。闘争の後には、我々は旅に出ることはできません。そのことを私たちは最終的に気づくことでしょう。旅は、私たち自身そのものなのです。 - ジョン・スタインベック

  • フロイト

    f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161011145210j:plain

    フロイトは心臓神経症、今風の言葉で言えばパニック障害でしたが、芸能人ではありません。しかしながら一応ここで紹介します。まずフロイトは心理学という学問に圧倒的な衝撃を与え(克服した後)、革命的な理論やアイデアの名のもとに世界的な心理学者の一人になりました。しかしながら、彼はパニック障害を克服した後も社会的状況において常に快適ではなかったと述懐しています。彼の自己分析では、自分自身は非常に技術的な職人気質の性格で、多少は茶目っ気がある人間的な性格であったので、少しは人好きになれると思ったそうですが(特に定期的な人間関係に自信を持っているとき)、彼は社会的につまずくこともあったようです。もちろん心理学者なので、フロイトは不安の問題に人一倍、関心を持っていました。彼によると人間は誰しもが共通の不安を少なくとも一つを持っており、それは多くの場合、似たような経験であると考えられ、そしてそういった症状を類推し、その名のもとで神経症を定義しました:

「この世への誕生は不安のすべて、ひいては不安の初体験です。」-シグムンド・フロイト

  • スカーレット・ヨハンソン

  • f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013194338j:plain

  • 彼女が時々社会不安やパニック障害を経験していると聞くと驚く人も少なくないと思います。そのような事実をゴージャスな映画スターと歌手を兼業する、スカーレット・ヨハンソンが抱えていると知ると多くの人々を仰天させることになるかもしれません。彼女の談によれば、映画の場において、頻繁に、撮影前、彼女はパニック発作を経験するそうです。しかしながら、彼女は、パニック障害の主要な症状の一つ、彼女がパニック発作によってほぼ死んでしまうかもしれないもしくは、いっそのこと死んでしまいたいと感じていた映画撮影にあえて挑戦することでその克服を成し遂げたいのだという希望に満ちたストーーを公(おおやけ)にしました:

「私はまさに、撮影前、パニック障害に由来する発作をたびたび経験してきましたが、それは決して悪い体験だけではなく、その後の撮影で最高の経験もしたことがあります。ですので私は、あることを自分に言い聞かせました。それは、「私はより良く自分自身を静めるために物事をこの体験から学ぶだろう。そして、それは可能なのだ!」ということです。 「-スカーレット・ヨハンソン

  • エドヴァルド・ムンク

  • f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013194434j:plain

  • 芸能人ではありませんが、パニック障害だったと推定される有名な人物にエドヴァルド・ムンクがいます。(最も彼は統合失調症も患っていました)パニック障害の症状に塗(まみれ)ていたことで有名なノルウェーのこの画家は、彼自身の深刻なパニック発作によって、特定の作品を描くように強いられました。要するに絵画という芸術行為自体が彼の心的外傷体験を癒したのです。そしてそれが結果的には、アーティストとしての彼の不滅の業績につながったわけです。彼は今まで精神疾患にかかった人物として精神科医や心理学者からたびたび引用されてきたのは皆さんのよくご存知の話の通りです。:

私は自身の芸術で自身の抱える深い不安の感情を表現しようとした。このことは絶対に忘れまい。- エドヴァルド・ムンク

  • ニコラ・テスラ

  • f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013194531j:plain

  • 二コラ・テスラは今日、我々が住んでいる世界のすべての産業インフラを発明してきたことで、一部のインテリ層にはエジソン以上に評価されている人物です。彼は主にエネルギーやロボットの用途を発見しました。そんな彼は齢(よわい)5歳のときからパニック障害に苦しんできました。弟の死後、この天才は、実際に彼の先端的な性向であった過度の完璧主義によって度重なる発明を繰り返しましたが、同時に多くの恐怖症や強迫、パニック障害の症状も有していました。彼はまた、心理学を専攻する学生のような存在、誰しもが・・・・・・十分に説明することすらできいパニック発作を実際に経験しています。それは、目の前で点滅する発光体(切れかけの蛍光灯)を見ているだけで異様なパニックに陥いるという理解し難い症状であったといわれています。この場を借りて、私はテスラをパニック障害の芸能人ではありませんがその有名人の一人としてここで紹介しました:

今日の科学者たちは多くの事象について深く突き詰めて思考します。一つは、論理的に考えられるように常識的でなければなりませんが、もう一つは、深く考えしかも直観的に思考すると、かなり非常識なことも可能になるということです。-二コラ・テスラ

  • アデル

  • f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013194624j:plain

  • アデルがパニック障害の芸能人であると聞くとみなさんは驚くでしょうか?ポップ歌手のアデルは自信が抱える不安をステージ上に足を運ぶたびに克服しなければならないといいます。彼女は大きな会場で、パニック障害の症状が現れ、それにより彼女のファンが失望してしまうのではないかという恐怖に、いつも舞台裏で強いられていると述べています。アデルは実際、アムステルダムのライブにおいて、舞台上で急性の吐き気に襲われ、過呼吸により倒れこんでしまうという重度のパニック発作を経験しています。そしてそのライブは結局、途中中止を余儀なくされました。しかしながら、彼女はパニック障害に苦しんでいるにもかかわらず、世界中の多くの人から注目を集め、さらには彼女自身が現代の世界最大級アイドルの一人であるわけです。このことに彼女は非常に励まされ、自信と勇気をもらっていると語っています。彼女は(彼女のメンターといわれる(ビヨンセ)を、常に心に描き、自分自身を激励し続け自己の精神状態の管理をしているといわれています)それは自分自身はビヨンセ(強い女性)なのだと思い込むようにし、その彼女の抱えるパニック障害の症状と闘うというものです:

ビヨンセはゴージャスなポップシンガーよ。彼女は私にこう言ってくれたの。「あなたは今のままで十分素晴らしい!自分自身であり続けなさい。」私は彼女の言葉に耳を傾けるとき、神の話を聞いているような感覚に襲われます。-Adele、ビヨンセを引用

※なお、彼女は全般性不安障害も抱えており、この精神障害は他の不安障害の症状とは異なり、毎日永久不滅の不安に強いられるといったものです。有名人の幾人(いくにん)かは、一般人口の平均発症率よりもより遥かに大きな割合でこの精神障害に悩まされているというデータが報告されています。 

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013194957j:plain

リンカーン大統領

パニック障害の芸能人ではありませんが、リンカーンパニック障害でした。パニック障害が診断名として呼称されるようになったのは、ICD(国際疾病分類)やDSM(米国精神医学に基づく診断基準書)が制作される以前の話なので、その時代の人間の誰かをパニック障害であると診断することは困難です。しかしながら、多くの精神科医や病跡学の専門家は、エイブラハム・リンカーンは、重度のパニック障害抑うつに苦しんでいたということを類推しています。もっとも、それは驚くことではありません。米国の歴史の中で最も有名で偉大なこの大統領は、仕事に忙殺され、しかもその時代の米国社会は混沌(カオス)的な状況におちいっていたことがしばしばでした。リンカーン自身がかつて言ったように「そもそも私たちは、過度の緊張を強いられる環境の中、今現在を生きています。よって誰しもが将来に対する漠然とした不安を抱えることになる。」・・・・・・–––芥川龍之介–––ではありませんが、私たちが読んでいる新聞や見聞きしているTVニュースは常に暗い話題ばかりです。このような状況の中、生きていくのは簡単なことではないでしょう。


パニック障害の真実はそう簡単に説明できるものではありません。
パニック障害は、多くの場合、パニック発作を患っている人だけでなく、その周囲の人間をも巻き込み、恐怖におののかせる可能性があり、このようにパニック障害は自他を問わずに重度の衰弱不安発作を引き起こします。それは遺伝的な要因に基づきますので、パニック障害を意識的に引き起こさないようにコントロールすることは極めて困難で、そのため多くの有名人は、彼ら彼女らが抱えるパニック発作の問題を隠さずにあえて公(おおやけ)にしファンの人たちと共有できることが精神安定剤として機能すると言っています。パニック障害全般性不安障害は有病率が高く、非常に一般的な精神疾患ではありますが、パニック発作や過度の
不安をできる限り自分で自己コントロールすることは非常に厳しいものであるわけです。パニック障害を持つ多くの人々は障害を隠し、それを気にしないのように周囲に悟られまいと毎日毎日を生きる傾向にあるようです。パニック障害によって、計り知れないほどのストレスが当事者にかかっている場合、その多くにおいて治療を必要としますが、この種のタイプの人の多くはパニック発作や過度な不安が自分に存在している事実を他の人にばれないように生きる傾向が強いと報告されています。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013200314j:plain

特に彼女ほどの若さでパニック障害に苦しむ芸能人は少ないでしょう。 - ジョニー・デップの古いガールフレンドであるケイト・モスは、彼女自身、何年も前からパニック発作を抱えそれに対処してきたことを明らかにしました。彼女はパニック障害が過度にストレスにさらされ、深く悩み過ぎて発症してしまったのではないかとある雑誌のインタビューで明らかにしました。特に男女関係のもつれによるストレスが彼女におけるパニック障害発症の主要因なのではないかとも語りました。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013200435j:plain

世界的に今有名な芸能人および女優といえば、エマ・ストーンです。エマ・ストーンは、今日(こんにち)の映画界の中で最も人気のある女優の一人かもしれませんが、彼女はまた、パニック障害の症状の一つである広場恐怖症を発症し、同時に多数のパニック発作に対処することを余儀なくされました。パニック障害を抱える人のほとんどは大体20代に症状を発症することが少なくないのですが、エマ・ストーンはそれよりもかなり若い年代から最初のパニック発作を発症しました。今現在なお、彼女はたまにパニック発作を経験することがあるようですが、彼女自身はそれらに対処するためのメンタルヘルス向上のための戦略を練り、その方法を用いてストレスに対処していると言っています。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013200603j:plain

ジョーイ・ボットは、これを書いている時点においてもそしてこれからも、メジャーリーグで最高の選手の一人であり、長年にわたってその評価を米国野球界から受け続けていくであろうことは誰の目にも疑いの余地はありません。しかしながら、彼はこう語っています。「私は常に思っていた。俺はマイナーリーグに落ちてしまうのではないか・・・・・・と。」彼がはじめてパニック障害に陥ったのは父の死が契機でした。父が亡くなった時から、成績不振に陥り、故障者リスト入りしてしまうことになってしまいました。そして、ジョーイ・ボットは、彼自身、パニック発作を抱えていることは誰も信じないだろうと思うといっています。実際問題、彼は未だたまに重度のパニック発作によって苦しんでおり、このままでは死んでしまうのではないかと思ったりするそうです。芸能人に限らずスポーツ選手もパニック障害にかかることはあるようです。このように、一見強そうに見える人間も実は意外と弱いものなのかもしれません。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013200720j:plain

芸能人はもともと深刻なストレスを受けやすい職業のため、その一部の人々は、パニック障害を抱えやすいという話をここまで書いてきましたが、その事実を科学的に100%検証することは誰にもできることではありません。しかしながら、その事実を類推することは可能です。モデルとして有名なキム・ベイシンガーはある日食料品店のド真ん中で最初のパニック発作を経験しました。そのときから彼女のパニック発作は、広場恐怖症うつ病を発症するほどにもなったといいます。彼女の話によるとそれはそれはもう酷いものだったそうです。(強度の過呼吸、動悸・・・・・・など)

  • チャーリー・ベルジャン

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20161013200111j:plain

チャーリー・ベルジャンはPGAツアーを廻っているさ中に、パニック発作を引き起こしたゴルファーの一人です。彼は発作を起こした際、緊急救命病院に運ばれました。(その試合は1ホールで終了。生涯、最低の成績になりました。)その結果、心臓には全く問題がないことが判明。医師はベルジャンを重度のパニック障害であると診断しました。彼は自分自身を本物の心臓発作で倒れこんだと思い込んでいたので、ドクターストップで試合を放棄することが無事できましたが、彼の持病はいわゆる心臓神経症パニック障害)だったわけです。このように、一流のスポーツ選手においてさえも、パニック障害は起こる場合があります。


パニック障害の芸能人について】

以上がパニック障害の芸能人のリストですが、今後は国内の芸能人も取り入れていきます。

f:id:panikkusyougainogeinoujinn:20170506111229p:plain


すばらしい才能や美しい美貌に恵まれた人々が世界中で経験しているこのパニック障害。そんな彼らを見て、あなたは彼らが成し遂げてきたことを半ば信じられないことであると感じるかもしれません。

このような一部の人々は、自分自身の中にある極度に繊細な神経を用いて自身の中に存在する内面の光を発揮し、トリックスターとして今後も輝き続けていくことであろうと私は思います。このようにパニック障害に苦しんでいる人々はこのような尊敬に値する人たちから何かとても大切なことを学ぶ必要があるかもしれません。そしてうまくいけば、今あなたがパニック障害に苦しむ芸能人たちの実情をこの記事を読むことで心から勇気づけられることを私は希望します。あなたは自分自身の中にその陰影を見て、あなた自身も彼らと同じ領域に立てる可能性を秘めているということを知るべきです。世界を照らすことのできるるい明るく輝いたダイヤモンドのような才能をあなた自身も持っているに違いありません。

blog.livedoor.jp

 

あなたが深刻なパニック発作に苦しんでいるならば今すぐ、私の開発した不安テストを受けることを確認してください。テストは、あなたの症状をスキャンし、それらを制御する方法に関する情報を提供します。

 

Copy right(C)パニック障害の芸能人】 All rights reserved (最終更新2017/05/06)